男女選手/ISU情報

フィギュアスケート女子2020-2021の注目選手は?4回転は誰が跳ぶ?

GPカナダ大会2019

昨シーズン、
いきなり新次元に突入した女子シングル!

4回転を軽々と跳ぶ選手、
そしてトリプルアクセルをプログラムに組込む選手が続出しました。

2020-2021シーズンも目が離せません!

そこで、注目選手を昨年の成績とともに、

独断でピックアップしてみました!

今シーズンにシニアデビューする選手ほか、新しい情報が入り次第、
どんどん追記していきます!

紀平梨花(日本)

年齢:17歳(2002.7.21生)

*成績*
GPファイナル2018 優勝
GPファイナル2019 4位 
全日本選手権2019 優勝
四大陸選手権2020 優勝

日本のエース!トリプルアクセルが武器。4回転は組込むのか?!

昨シーズンはロシアの新星組にやや押され気味の印象でしたが、
前シーズンよりも安定した確率で、
トリプルアクセルを成功させました。

飛距離、高さ、完全な回転、
コンビでトリプルアクセルを決めることができる選手として稀有な存在です。

ジャンプだけでなく、
スピン、ステップの評価も高く表現力にも優れ、決してロシア勢に引けをとりません。

そして、先日6月13日、
2020-2021シーズンから、サブコーチとしてブライアン・オーサーさんに師事することがわかりました。

メインコーチは、
これまで通り濱田美栄コーチです。

ブライアン・オーサーさんは、言わずと知れた羽生結弦選手のメインコーチ

羽生選手だけでなく、
かつてのキム・ヨナ選手も、オリンピックの金メダリストに育てた名コーチです。

2020-2021シーズンは、北京オリンピックのプレシーズン

オリンピックへ向けて、着々と構想が練られている印象ですね!

昨シーズン、
挑戦しつつも成功に至らなかった4回転を、積極的に組込んでくることでしょう。

オーサーコーチの元で、
どんな新しい紀平選手を観せてくれるのか、本当に楽しみです!

アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)

年齢:16歳(2003.8.24生)

*成績*
GPファイナル2019 優勝
欧州選手権2020 優勝

昨シーズン、シニアデビューを飾ったロシアの新鋭3人娘の一人。
GPシリーズ全て優勝!世界最高得点も叩き出す!


エテリ・トゥトベリーゼコーチのサンボ70所属。

プログラム冒頭に跳ぶトリプルアクセルは、正確にして美しく、着地後の流れもエレガントです。

スピン、ステップほか、演技構成にも優れており、ほぼ完璧にプログラムを滑り終える姿は、既に風格を感じさせます。

現在、4回転習得に励んでいるとの情報もあり、どこまで進化するのか、
2020-2021シーズンはどんな演技を観せてくれるのか、楽しみすぎる16歳です!

アンナ・シェルバコワ(ロシア)

年齢:16歳(2004.3.28生)

*成績*
GPファイナル2019 2位
欧州選手権2020 2位

昨シーズン、シニアデビューの新鋭ロシア3人娘の一人。4回転ルッツを軽々決める!

こちらも、エテリ・トゥトベリーゼコーチのサンボ70所属です。

GPアメリカ大会では、
4回転の中でも難易度の高いルッツを、単発とコンビで二度決めてみせ、世界をあっと言わせました!

演技構成にも優れ、表現力も豊かです。

FP中盤には、衣装が紫から赤に変わるという鮮やかな仕掛けも見せ、会場を沸かせました。

まだ16歳という若さから、ジャンプだけでなく、あらゆる要素で更なる伸びが期待できるでしょう。

2020-2021シーズンは、どれだけ成長した姿を見せてくれるでしょうか!

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)

年齢:15歳(2004.6.23生)

*成績*
GPファイナル2019 3位
欧州選手権2020 3位

昨シーズン、シニアデビューのロシア新鋭3人娘の一人。
4種類の4回転を跳ぶ!


エテリ・トゥトベリーゼコーチのサンボ70所属です。

武器は、なんと言ってもジャンプ!

トゥループ、サルコウ、フリップ、ルッツの4種類の4回転を跳ぶことができます。

GPカナダ大会では、
FSに4回の4回転ジャンプを跳ぶ、男子顔負けのプログラム構成で、始めのサルコウは転倒しましたが、その後は全て成功!

演技後半に4回転ジャンプを成功させたのは女子シングル史上初
166.62というスコアを叩き出しました。

成長著しい15歳
2020-2021シーズンも期待大です!

ユ・ヨン(韓国)

年齢:15歳(2004.5.27生)

*成績*
GPカナダ大会2019 3位
四大陸選手権2020 2位

昨シーズン、シニアデビュー。トリプルアクセルも跳べる!

韓国では、キム・ヨナ以来の新星として大人気です。
韓国大会では、11歳にして初優勝を果たし、その後2度優勝しています。

トリプルアクセルが武器で、
GPカナダ大会のSPでは、見事決めてみせ、韓国フィギュア女子史上初の快挙となりました。

あらゆる要素で、十分な伸びしろのある選手です。

2020-2021シーズンは、もっと上位に食い込んでくること必至です!

カミラ・ワリエワ(ロシア)

年齢:14歳(2006.4.26生)

*成績*
ジュニアGPファイナル2019 優勝
ジュニア世界選手権2020 優勝

昨シーズン、ジュニアの大会、全て優勝!
2020-2021シーズンは、シニアデビューか?!

こちらも、ロシアの新星。
エテリ・トゥトベリーゼコーチのサンボ70所属です。

ジュニアGPシリーズ/ファイナル、ジュニア世界選手権で、優勝しています。

ジュニア世界選手権2020では、SP/FSともに1位、総合点227.30で、2位を20点近く引き離し、堂々の優勝。

4回転も跳べます!

2020-2021シーズンは、
世界選手権は参戦できませんが、GPシリーズには出場できます。

シニアデビューするのでしょうか・・楽しみです!

ダリア・ウサチョウ(ロシア)

年齢:14歳(2006.5.22生)

*成績*
ジュニア世界選手権2019 2位

ジュニア世界選手権2020では銀メダル!
トゥトベリーゼコーチの元で急速に成長中


同じく、エテリ・トゥトベリーゼコーチのサンボ70所属です。

2018年より、トゥトベリーゼコーチの指導を受け、今、急速に成長中です。

今のところ、3アクセルや4回転を跳ぶ、という情報はありませんが、サンボ70所属ですから、きっと習得中でしょう。

逆に、その2種のジャンプがなくても、高得点を獲得できる、という点で
伸びしろの多い、期待できる選手と言えます!

同じく、世界選手権は出場できませんが、
GPシリーズには参戦できます。

2020-2021シーズン、シニアデビューはあるでしょうか。

楽しみですね!

アリサ・リュウ(アメリカ)

年齢:14歳(2005.8.8生)

*成績*
ジュニアGPファイナル2019 2位
ジュニア世界選手権2020 3位
全米選手権2019 優勝

全米選手権で、ノービスながら、史上最年少で優勝!
3アクセル、4回転も跳べる!


全米選手権2019で、シニア選手を抑え、14歳で優勝

アメリカ女子の期待の星です!

ジュニアGPアメリカ大会2019では、
3アクセル4回転を成功させ、優勝しています。

ジュニア選手で4回転を跳ぶのは、ロシア選手を除くと、唯一ではないでしょうか。

世界選手権には年齢規定で、参戦できませんが、GPシリーズでシニアデビューするかもしれません。

楽しみです!