男女選手/ISU情報

ISUスケーティングアワード2020/概要&ノミネート選手と選考方法まとめ!

ISUスケーティング・アワード2020の開催が決定されました。

ISUが新しく創設した、この「ISUスケーティング・アワード」。

いったいどんな内容なのでしょうか?

調べてみました!

ISUスケーティング・アワード2020とは?

世界フィギュアスケート選手権2020の一環として催される、簡単に言うと、

エキシビジョン(EX豪華版)+授賞式のような催しです。

賞は、選手に授与されるだけでなく、
プログラム・衣装ほか全7部門があります。

一つの作品(プログラム)を作り上げるために、携わった人達全員を表彰する、
まさにISU版アカデミー賞!といったイメージです。

【日程】
2020年3月22日 カナダ・モントリオール
※残念ながら、中止となりました

2020.4.30、ISUより、代替として、2020.7.11 ISUスケーティング・アワード2020のオンライン開催が
発表されています(2020.6.26 ISU発表)

【創設】
創設されたばかりで、2020年は記念すべき初開催です。

コロナウイルス感染の影響から、世界選手権2020・アワードも中止となりましたが、アワードのみ、2020年7月の開催が決定しました。

【目的】
世界フィギュアスケート選手権2020に出場する、世界のトップスケーターを賞賛する目的で創設されました。

ISUからの発表を見ると、表彰部門には、コーチ・振付師を対象にした賞や、生涯功労賞もあります。

フィギュアスケートに携わった全ての人達を称える、ということのようですね。

表彰は7部門

表彰は7部門あります。

下記①~➂については、
シングル/ペア/ダンス、それぞれで表彰されます。

授賞式までに、
各部門で最終候補者3名がノミネートされ、授賞式当日、最優秀賞が決まります。

  1. 最優秀選手賞
    (Most Valuable Skater)
  2. 最優秀衣装賞
    (Best Costume)
  3. 最優秀プログラム賞
    (Most Entertaining Program)
  4. 最優秀新人賞(Best Newcomer)
    *シニアデビューの選手が対象
  5. 最優秀振付師賞
    (Best Choreographer)
  6. 最優秀コーチ賞(Best Coach)
  7. 生涯功労賞
    (Lifetime Achievement Award)

    *フィギュアスケート界の模範であり、偉大な実績と人気を誇るレジェンドに贈られる賞です。

選考対象となる大会

選考対象は、以下の5大会です。

  • GPシリーズ
  • GPファイナル
  • 欧州選手権
  • 四大陸選手権
  • 世界選手権

候補者の選考方法

候補者選考は、大まかに3つの段階を経て、最終的に授賞式にノミネートされる候補者を選びます。

一般人の私達も、ネット投票で選考の一部に加われます!

ネット投票候補者の選考
(候補者は2019.12.1に発表)

*ISUスケーティング・アワード選考委員会が行います。

GPシリーズが終わり次第(2019はNHK杯が最後)、GPシリーズの結果と評価・意見・反応などを踏まえつつ、選考されます。

ネット投票
(2019.12.1~2020.2.10)

*一般人/メディア/ISU加盟の各国スケート連盟、の3投票者が行います。

ネット投票候補者の中から、ネットにて投票します。

最終候補者の選考
(授賞式ノミネート各部門3名)
 ※生涯功労賞は除く

*ISUスケーティング・アワード選考委員会が、行います。

ネット投票結果を踏まえつつ、授賞式で表彰される最終候補者を選びます。(2020.3.10に最終候補者発表)

最優秀賞の選考
(授賞式当日、発表)

審査員6名(元フィギュアスケート選手でOP金メダリストほか)
の投票によって、決定します。

【ネット投票に関して】

投票できる部門は、
一般/メディア/スケート連盟でそれぞれ異なります。

※ネット投票期間中に行われる大会(GPファイナル、欧州選手権、四大陸選手権)の結果により、
候補者が追加となる場合もあります。

※投票は2019.12.1からですが、11.30までに事前登録が必要です。

ISUスケーティング・アワードまでの流れ

2019.10.18~11.24
GPシリーズ
  ↓
2019.12.1
ネット投票候補者の発表
(ISU)
  ↓
2019.12.1~(2020.2.10)
ネット投票開始
(事前登録は2019.11.30まで)
  ↓
2019.12.5~8
GPファイナル
  ↓
2020.1.20~26
欧州選手権
  ↓
2020.2.3~9
四大陸選手権
  ↓
2020.2.10
ネット投票終了
  ↓
2020.3.10
最終選考者(授賞式ノミネート)の発表(ISU)
(世界選手権の開催中止発表
のため、行われず)
  ↓
2020.3.16~22
世界選手権(開催中止)
  ↓
2020.3.22
ISUスケーティング・アワード 
(開催中止)
  ↓
代替として
ISUデジタル・バーチャル・アワード・ショーの開催を発表
(2020.4.30 ISUより)
  ↓
詳細を正式発表(2020.6.26 ISUより)

2020.7.11開催(カナダ・モントリオール)
ISUスケーティング・アワード2020
※オンラインLIVEにて

*同時に、最終選考者が発表されました。

※詳細は、記事最後にある「あわせて読みたい」をご参考下さい!

一般人が投票できる部門は?

対象は、4部門です。

  1. 最優秀選手賞
    (Most Valuable Skater)
  2. 最優秀衣装賞(Best Costume)
  3. 最優秀プログラム賞
    (Most Entertaining Program)
  4. 最優秀新人賞(Best Newcomer)

メディアが投票できる部門は?

対象は、6部門です。

  1. 最優秀選手賞
    (Most Valuable Skater)
  2. 最優秀衣装賞(Best Costume)
  3. 最優秀プログラム賞
    (Most Entertaining Program)
  4. 最優秀新人賞(Best Newcomer)
  5. 最優秀振付師賞
    (Best Choreographer)
  6. 最優秀コーチ賞(Best Coach)

各国スケート連盟(ISU加盟)が投票できる部門は?

対象は、6部門です。

ただし規定があり、1~4については、
自国候補者には投票できません

5.6の振付師賞/コーチ賞は、自国候補者も対象範囲になります。

  1. 最優秀選手賞
    (Most Valuable Skater)
  2. 最優秀衣装賞(Best Costume)
  3. 最優秀プログラム賞
    (Most Entertaining Program)
  4. 最優秀新人賞(Best Newcomer)
  5. 最優秀振付師賞
    (Best Choreographer)
  6. 最優秀コーチ賞(Best Coach)

ネット投票候補者は誰?

2019.12.1にネット投票候補者(ISU選考)が発表されています。
※生涯功労賞はネット投票を行っていません。

6部門の候補者を見てみましょう。
(選手/衣装/プログラムは男女シングルのみ掲載)

最優秀選手賞/ネット投票候補者

【Most Valuable Skater賞】

男女各5名が、選考されています。
(男女シングル候補者のみ掲載)

最優秀選手賞候補(男子)

日本からは2名!

  1. ボーヤン・ジン(中国)
  2. キーガン・メッシング(カナダ)
  3. ネイサン・チェン(アメリカ)
  4. 宇野昌磨(日本)
  5. 羽生結弦(日本)

最優秀選手賞候補(女子)

日本からは1名!

  1. アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
  2. アリーナ・ザギトワ(ロシア)
  3. エフゲニア・メドベージェワ
    (ロシア)
  4. マライア・ベル(アメリカ)
  5. 紀平梨花(日本)

最優秀衣装賞/ネット投票候補者

Best Costume賞

男子15名、女子16名(SP衣装 or FP衣装)が選考されています。
(男女シングルの候補者のみ掲載)

個人的には、選手だけでなく、
衣装デザイナーもリスト(ISU公式サイト)に載せてほしいな、と思います。

最優秀衣装賞候補(男子)

日本からは3名!

  1. アレクサンダー・サマリン
    (ロシア/FS)
  2. ボーヤン・ジン(中国/FS)
  3. デニス・ヴァシリエフス
    (ラトビア/FS)
  4. ドミトリー・アリエフ(ロシア/FS)
  5. ジェイソン・ブラウン
    (アメリカ/FS)
  6. ジュリアン・イー・ジージエ
    (マレーシア/FS)
  7. 友野一希(日本/SP)
  8. キーガン・メッシング(カナダ/FS)
  9. 田中刑事(日本/FS)
  10. ケヴィン・エイモズ(フランス/SP)
  11. マッテオ・リッツォ(イタリア/FS)
  12. ナム・ニューエン(カナダ/FS)
  13. ネイサン・チェン(アメリカ/FS)
  14. 宇野昌磨(日本/SP)
  15. 羽生結弦(日本/FS)
    ※衣装デザイナーは伊藤聡美さん。

最優秀衣装賞候補(女子)

日本からは3名!

  1. アリョーナ・コストルナヤ
    (ロシア/SP)
  2. アレクサンドラ・トゥルソワ
    (ロシア/SP)
  3. アレクシア・パガニーニ(スイス/FS)
  4. アリーナ・ザギトワ(ロシア/FS)
  5. アンナ・シェルバコワ(ロシア/FS)
  6. エリザベータ・トゥクタミシェワ
    (ロシア/SP)
  7. イム・ウンス(韓国/SP)
  8. エフゲニア・メドベージェワ
    (ロシア/FS)
  9. カイラニ・クレイン
    (オーストラリア/FS)
  10. 坂本花織(日本/FP)
  11. マライア・ベル(アメリカ/SP)
  12. 紀平梨花(日本/FP)
  13. 宮原知子(日本/FS)
  14. スタニスラヴァ・
    コンスタンティノワ(ロシア/SP)
  15. スター・アンドリュース
    (アメリカ/SP)
  16. ユ・ヨン(韓国/SP)

最優秀プログラム賞/ネット投票候補者

【Most Entertaining Program賞】

男女各15名が選考されています。
(男女シングルの候補者のみの掲載)

最優秀プログラム賞候補(男子)

日本からは3名!

  1. アレクサンドル・サマリン
    (ロシア/FS)
  2. ボーヤン・ジン(中国/FS)
  3. デニス・ヴァシリエフス
    (ラトビア/FS)
  4. ドミトリー・アリエフ
    (ロシア/FS)
  5. ジェイソン・ブラウン
    (アメリカ/FS)
  6. ジュリアン・イー・ジージエ
    (マレーシア/FS)
  7. 友野一希(日本/SP)
  8. キーガン・メッシング
    (カナダ/FS)
  9. 田中刑事(日本/FS)
  10. ケヴィン・エイモズ
    (フランス/SP)
  11. マッテオ・リッツォ
    (イタリア/FS)
  12. ナム・ニューエン
    (カナダ/FS)
  13. ネイサン・チェン
    (アメリカ/FS)
  14. 宇野昌磨(日本/SP)
  15. 羽生結弦(日本/FS)

最優秀プログラム賞候補(女子)

日本からは4名!

  1. アリョーナ・コストルナヤ
    (ロシア/SP)
  2. アレクサンドラ・トゥルソワ
    (ロシア/FS)
  3. アリーナ・ザギトワ
    (ロシア/FS)
  4. アンナ・シェルバコワ
    (ロシア/FS)
  5. ブレイディ・テネル
    (アメリカ/FS)
  6. エリザベータ・
    トゥクタミシェワ(ロシア/FS)
  7. エフゲニア・メドベージェワ
    (ロシア/FS)
  8. ガブリエル・デールマン
    (カナダ/FS)
  9. 坂本花織(日本/FS)
  10. マライア・ベル(アメリカ/SP)
  11. 本田真凜(日本/SP)
  12. ニコル・ショット(ドイツ/FS)
  13. 紀平梨花(日本/FS)
  14. 宮原知子(日本/SP)
  15. ユ・ヨン(韓国/FS)

最優秀新人賞/ネット投票候補者

【Best Newcomer賞】

男子1名、女子4名、ペア1組が選考されています。

  1. アリョーナ・コストルナヤ
    (ロシア/女子)
  2. アレクサンドラ・トゥルソワ
    (ロシア/女子)
  3. アナスタシア・ミーシア/
    アレクサンドル・ガリアモフ
    (ロシア/ペア)
  4. アンナ・シェルバコワ
    (ロシア/女子)
  5. マカール・イグナトフ
    (ロシア/男子)
  6. ユ・ヨン(韓国/女子)

最優秀振付師賞/ネット投票候補者

【Best Choreographer賞】

7名が選考されています。

  1. ブノワ・リショー(フランス)
    主な振付選手:ボーヤン・ジン、
    ネイサン・チェン
  2. ダニイル・グレイヘンガウス
    (ロシア)
    主な振付選手:
    アリョーナ・コストルナヤ、
    アリーナ・ザギトワ
  3. デイヴィッド・ウィルソン(カナダ)
    主な振付選手:
    羽生結弦、チャ・ジュンファン
  4. ローリー・ニコル(カナダ)
    主な振付選手:
    ボーヤン・ジン、宮原知子
  5. マリー=フランス・デュブレイユ
    (カナダ)
    主な振付選手:ネイサン・チェン
  6. シェイ=リーン・ボーン(カナダ)
    主な振付選手:
    羽生結弦、ネイサン・チェン
  7. トム・ディクソン(アメリカ)
    主な振付選手:紀平梨花、宮原知子

最優秀コーチ賞/ネット投票候補者

【Best Coach賞】

7名が選考されています。

日本からは1名!

  1. ブライアン・オーサー(カナダ)
    主な指導選手:
    羽生結弦、キム・ヨナ
  2. エテリ・トゥトベリーゼ(ロシア)
    主な指導選手:
    アリョーナ・コストルナヤ、
    アリーナ・ザギトワ
  3. ツァオ・ホンボー(中国)
    主な指導選手:
    パン・チェン&ヤン・ジン(ペア)
  4. ロマン・アグノエル、
    マリー=フランス・デュブレイユ&
    パトリス・ローゾン
    (カナダ)

    主な指導選手:
    不明(情報があまりありません)

    *3名ともにダンス選手のコーチ。

    *3名でノミネートなので、チームとして活動されて
     いるのかと推測します。
  5. 濱田美栄(日本)
    主な指導選手:
    紀平梨花、宮原知子、ユ・ヨン
  6. ラファエル・アルトゥニアン
    (アルメニア)
    主な指導選手:
    ネイサン・チェン、マライア・ベル
  7. タマラ・モスクビナ(ロシア)
    主な指導選手:
    アレクサンドラ・ボイコワ&
    ドミトリー・コズロフスキー(ペア)

最優秀賞を決める審査員6名は?

審査員を務めるのは、6名の方々です。

カナダ、中国、日本、フランス、ロシア、アメリカより選ばれた、
元フィギュアスケート選手で、世界選手権やオリンピックの金メダリストです。

最終候補者の中から、最優秀賞を審査員投票により、決定します。

日本からは、安藤美姫さんが選ばれています。

エリック・ラドフォード(カナダ)

元アイスペア選手
ソチOP団体銀メダリスト。世界選手権で2度優勝。

 ・ルー・チェン(中国)

元女子シングル選手
リレハンメルOP・長野OPの銅メダリスト

安藤美姫(日本)

元女子シングル選手
世界選手権で2度の優勝

スルヤ・ボナリー(フランス)

元女子シングル選手
世界選手権、3度の銀メダリスト

タチアナ・ナフカ(ロシア)

元アイスダンス選手。
トリノOPの金メダリスト。世界選手権で2度優勝

トッド・エルドレッジ(アメリカ)

元男子シングル選手
世界選手権優勝。全米選手権6度優勝

ご覧のような錚々たる顔ぶれとなっています。

開催当日が楽しみですね!