大会日程/結果

【フィギュア男子/2019-2020大会結果一覧】GP・全日本・四大陸の大会まとめ!


2019ー2020シーズン男子シングルの結果を主要大会のみ、まとめました。
大会ごとにSP/FS/総合点を掲載しています。

(主要大会)
・GPシリーズ、GPファイナル
・全日本選手権
・四大陸選手権


世界選手権は、コロナウイルス感染拡大の影響により、中止となりました。


ページ最後に、シーズンの印象や、羽生結弦選手とネイサン・チェン選手のライバル対決についても触れています。

興味のある方は、一読頂けるとうれしいです!

GPシリーズ(第1戦)アメリカ大会2019/男子

GPアメリカ大会2019(Skate America)
開催地:ラスベガス

上位8名(SP/FS/総合点)

順位 選手 SP FS
ネイサン
・チェン
(アメリカ)
102.71 196.38 299.09
ジェイソン・ブラウン
(アメリカ)
83.45 171.64 255.09
ドミトリー・アリエフ
(ロシア)
96.57 156.98 253.55
キーガン・
メッシング
(カナダ)
96.34 143.00 239.34
友野一希
(日本)
75.01 154.71 229.72
ボーヤン・
ジン(中国)
74.56 150.42 224.98
アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル) 79.76 139.94 219.70
チャ・ジュンファン(韓国) 78.98 140.69 219.67

優勝したネイサン・チェン選手は、2位に大差をつけ、この大会3連覇!

3位のミトリー・アリエフ選手は、シニアでは、GPシリーズ初の表彰台でした。

GPシリーズ(第2戦)カナダ大会2019/男子

GPカナダ大会2019(Skate Canada)
開催地:コローナ

上位8名(SP/FS/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
羽生結弦
(日本)
109.60 212.99 322.59
ナム・グェン
(カナダ)
84.08 178.69 262.77
田中刑事
(日本)
80.11 169.91 250.02
カムデン
・プルキネン
(アメリカ)
89.05 155.73 244.78
デニス・バシリエフス
(ラトビア)
84.01 143.39 227.40
マッテオ・
リッツォ
(イタリア)
70.12 153.66 223.78
ニコラス
・ナドー
(カナダ)
75.22 147.11 222.33
アンドレイ・ナズキン
(ロシア)
78.99 133.08 212.07

羽生結弦選手は、SP/FS/総合点ともに、当時の歴代最高得点で優勝しました!

その後、同シーズンGPファイナルで、
ネイサン・チェン選手に更新されるのですが、
SPに至っては、同シーズン四大陸選手権で、
再び羽生結弦選手が世界最高得点を更新しています。

レベルの高い戦いですね!

GPシリーズ(第3戦)フランス大会2019/男子

GPフランス大会2019(International of France)
開催地:グルノーブル

上位8名(SP/FS/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
ネイサン
・チェン
(アメリカ)
102.48 194.68 297.16
アレクサンドル・サマリン
(ロシア)
98.48 166.62 265.10
ケヴィン・
エイモズ

(フランス)
82.50 172.14 254.64
モリス・
クヴィテラシヴィリ
(ジョージア)
78.79 157.59 236.38
樋渡知樹
(アメリカ)
68.70 158.73 227.43
セルゲイ
・ボロノフ
(ロシア)
76.60 144.38 220.98
ニコラス
・ナドー
(カナダ)
69.42 148.26 217.68
宇野昌磨
(日本)
79.05 136.79 215.84

8位の宇野昌磨選手は、残念ながら精彩を欠いた演技となり、シニア転向後、一番低い順位でした。
(このシーズン、メインコーチなしで臨むことを発表)

その後、メインコーチとして、
ステファン・ランビエールさんに師事することを発表!

全日本選手権では優勝し、4連覇を果たしています!

GPシリーズ(第4戦)中国大会2019/男子

GP中国大会2019(Cup of China)
開催地:重慶

上位8名(SP/FP/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
ボーヤン
・ジン
(中国)
85.43 176.10 261.53
ハン・ヤン
(中国)
86.46 162.99 249.45
マッテオ
・リッツォ
(イタリア)
81.72 160.16 241.88
キーガン
・メッシング
(カナダ)
76.80 160.56 237.36
田中刑事
(日本)
74.64 158.98 233.62
チャ・
ジュンファン
(韓国)
69.40 152.86 222.26
ブレンダン
・ケリー(オーストラリア)
73.96 146.35 220.31
カムデン
・プルキネン
(アメリカ)
78.92 139.75 218.67

5位の田中刑事選手は、SPのミスが響き、GPカナダ大会では3位でしたが、ファイナル出場は叶いませんでした。

しかし、その後の全日本選手権ではFPで4回転を2度決め、4年連続となる世界選手権出場を決めています!

GPシリーズ(第5戦)ロシア大会2019/男子

GPロシア大会2019(Rostelecom Cup)
開催地:モスクワ

上位8名(SP/FS/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
アレクサンドル
・サマリン

(ロシア)
92.81 171.64 264.45
ドミトリー
アリエフ
(ロシア)
90.64 169.24 259.88
マカール・
イグナトフ
(ロシア)
87.54 165.33 252.87
宇野昌磨
(日本)

87.29

164.95 252.24
ナム・グェン(カナダ) 87.01 159.19 246.20
デニス・バシリエフス(ラトビア) 87.08 154.01 241.09
モリス・クヴィテラヴィシヴィリ
(ジョージア)
75.87 161.72 237.59
友野一希
(日本)
80.98 156.56 237.54

ロシア人選手が、表彰台を独占です!

優勝したアレクサンドル・サマリン選手のFSでの「4回転ルッツ+3回転トゥループ」は、6人のジャッジが最高加点+5を付け、高い評価を得ました。

ロシア人選手が、地元GPロシア大会で優勝するのは、エフゲニー・プルシェンコさん以来です!

GPシリーズ(第6戦)NHK杯2019/男子

GP NHK国際フィギュアスケート競技大会2019
(NHK Trophy)
開催地:北海道

上位8名(SP/FS/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
羽生結弦
(日本)
109.34 195.71 305.05
ケビン・
エイモズ
(フランス)
91.47 158.55 250.02
ローマン・
サドフスキー
(カナダ)
78.51 168.99 247.50

セルゲイ・
ボロノフ
(ロシア)

88.63 150.42 239.05
ジェイソン
・ブラウン
(アメリカ)
73.73 157.54 231.27
山本草太
(日本)
74.88 151.39 226.27
マカール・
イグナトフ
(ロシア)
78.47 143.98 222.45
アントン・
シュレポフ
(ロシア)
71.76 146.62 218.38

2位のケヴィン・エイモズ選手は、4回転は1種類しか跳びませんが、ステップが得意で、つなぎ部分やスケーティング力でも高い評価を得ています。

このシーズンのSPは、華麗なステップと特徴的なパフォーマンスで、観客に強い印象を残し、楽しませてくれました!

GPファイナル2019/男子

GPファイナル2019
(Grand Prix of Figure Skating Final)
開催地:イタリア・トリノ

出場選手全6名(SP/FS/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
ネイサン
・チェン
(アメリカ)
110.38 224.92 335.30
羽生結弦
(日本)
97.43 194.00 291.43
ケビン・
エイモズ
(フランス)
96.71 178.92 275.63
アレクサンドル・サマリン
(ロシア)
81.32 167.51 248.83
ボーヤン・
ジン(中国)
80.67 160.77 241.44
ドミトリー・
アリエフ
(ロシア)
88.78 131.26 220.04

ネイサン・チェン選手は、SP歴代2位、FS/総合点では、歴代1位の世界最高得点を叩き出し、優勝しました!

全日本選手権2019/男子

全日本フィギュアスケート選手権2019
(Japan Figure Skating Champion Ships)
開催地:東京/国立代々木競技場

上位10名(SP/FS/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
宇野昌磨 105.71 184.86 290.57
羽生結弦 110.72 172.05 282.77
鍵山優真 77.41 180.58 257.99
田中刑事 80.90 171.54 252.44
佐藤 駿 82.68 163.82 246.50
友野一希 82.68 171.63 244.69
山本草太 68.16 171.63 220.49
須本光希 72.81 147.47 220.28
佐藤洸彬 78.84 136.39 215.23
10 島田高志朗 80.59 131.65 212.24

この大会での注目は、世界ランク上位のシニア選手ばかりではありません。

3位の鍵山優真選手は、SP7位と出遅れましたが、FSで巻返し、堂々の3位!

5位の佐藤駿選手(ジュニアGPファイナル2019優勝)は、SP/FSで4回転を成功させました。

2選手ともに、次代の日本人男子シングル選手エース候補です!

四大陸選手権2020/男子

四大陸フィギュアスケート選手権2020
(Four Continents FigureSkating
Championships)
開催地:韓国・ソウル

上位10名(SP/FP/総合点)

順位 選手 SP FS 総合点
羽生結弦
(日本)
111.82 187.60 299.42
ジェイソン
・ブラウン
(アメリカ)
94.71 180.11 274.82
鍵山優真
(日本)
91.61 179.00 270.61
ボーヤン
・ジン
(中国)
95.83 171.84 267.67
チャ・
ジュンファン
(韓国)
90.37 175.06 265.43
ナム・グェン
(カナダ)
85.24 166.36 251.60
友野一希
(日本)
88.22 162.83 251.05
キーガン
・メッシング
(カナダ)
94.03 149.90 243.93
樋渡知樹
(日本)
88.09 152.69 240.78
10 ハン・ヤン(中国) 82.32 157.09 239.41

羽生結弦選手は、SPで世界最高得点を出し、この大会初優勝!(意外です。)

鍵山優真選手は、全日本選手権に続き、この大会でも表彰台3位です!

世界選手権2020/男子

世界フィギュアスケート選手権2020
(World Champion Ships Figures)
開催地:カナダ・モントリオール

コロナウイルス感染拡大の影響により、中止となりました。

ライバル対決/ネイサン・チェン選手と羽生結弦選手

ここ数年の男子シングルにおいては、
やはり、ネイサン・チェン選手と羽生結弦選手の対決が話題ですね!

2選手ともタイプは違いますが、言うまでもなく並外れた才能の持ち主であり、男子シングルのレベルを向上させ、牽引しています。

2019-2020の結果はというと、

世界選手権は中止となりましたので、
GPファイナルで世界最高得点を叩き出し、
2位の羽生結弦選手に40点以上の差をつけての優勝した

ネイサン・チェン選手 
335.30(GPファイナル)

に軍配が上がった印象ですね。

しかし、ファイナルを除くGPシリーズ全体見ると、

2選手とも、2大会優勝でGPファイナル進出は同じですが、点数で見ると、2大会とも300点を超えた羽生結弦選手の方が上回っていました。

特に、カナダ大会で羽生結弦選手は、
世界初の技となる
「4回転トゥループーオイラー(1回転のつなぎ)ー3回転フリップ」
の連続ジャンプを決め、

羽生結弦選手 322.59(GPカナダ大会)

という高得点をマークしています。

その後の四大陸選手権2020のSPでは、
羽生結弦選手は、世界最高得点を更新しています。

甲乙つけ難いですね。

とにかく、この2選手の戦いが、高レベルなのは間違いありませんね。
来シーズンも大注目です!