男女選手/ISU情報

【ISUアワード2020/動画あり】最優秀選手賞の羽生結弦コメント&受賞者の喜びの声!

「ISUスケーティング・アワード2020」授賞式

2020年7月11日23:00~
ISUスケーティング・アワード2020が開催され、羽生結弦選手が、映えある第1回最優秀選手賞を受賞しました!

羽生結弦選手は、他にノミネートされていた衣装部門と2部門で、リモートによってLIVE出演

2部門ごとに、英語で、ノミネートされた喜びと2019-2020シーズンの感想を語り、
その後、最優秀選手賞を受賞した際、喜びをスピーチしました。

日本のファンに向けて、日本語でメッセージも送りましたよ!

羽生結弦選手と、その他の受賞者のインタビューをまとめましたので、見ていきましょう。動画もありますよ。

見逃した方は、↓こちらをどうぞ。

ISUスケーティング・アワード2020授賞式

最優秀選手賞は、羽生結弦選手!

3名のノミネート者の中から、見事、最優秀選手に輝いたのは、羽生結弦選手です!

ISUアワード2020授賞式の最中、羽生結弦選手が登場したのは、ノミネートされていた衣装部門最優秀選手部門

髪型も決め、黒のスーツにノーネクタイ姿でリモート登場した羽生結弦選手は、ホスト役のホワイト夫妻の質問に、終始、英語で答えていました。

「ISUアワード2020」授賞式/全編
羽生結弦選手登場のみ動画

羽生結弦選手のインタビュー/衣装部門ノミネート

羽生結弦選手の衣装の詳細と、ノミネートされた感想を見てみましょう。

羽生結弦選手/ノミネート衣装について

まず、対象となった羽生結弦選手の衣装ですが、これは、FS「Origin」(GPシリーズ2019)の演技のものです。

衣装デザイナーは、伊藤聡美さん
羽生結弦選手の衣装を数多く手掛けています。

授賞式中、ノミネート衣装の紹介時、衣装の詳細がナレーションされました。

80個のハンドカットの輝く石と、2,000個以上のスワロフスキーの小さな石が、ちりばめられていると紹介された。

衣装の重さが(620グラムと、5年前の850グラムから)軽量化されたことも明かされた。

日刊スポーツ「羽生がリモート出席「名誉」最優秀衣装賞ノミネート」より

2,000個のスワロフスキー、ってすごすぎませんか。

そりゃ重くなることでしょう。豪華すぎます!
値段はわかりませんが、高価そう。

羽生結弦選手のインタビュー/ノミネートへの感想

「非常に名誉です。
すべてのテンションに対して、氷の上ではベストのパフォーマンスをしなければいけません。

私にとって、衣装は重要なツール
プログラム、ストーリーを表現するために必要。

羽生結弦が、スケーターとして自分がどれだけユニークか見せるのにコスチュームは非常に大切で、これが結弦である、私であることをコスチュームで表現している」と笑顔で語った。

日刊スポーツ「羽生がリモート出席「名誉」最優秀衣装賞ノミネート」より

「衣装で自分自身を表現している。」
プログラムを表現する為だけではない、というところが、羽生結弦選手らしいですね。

羽生結弦選手のインタビュー/最優秀選手賞(受賞前)

羽生結弦選手の最優秀選手部門/ノミネートに対するインタビューです。

【最優秀選手賞】羽生結弦選手
受賞後の喜びの声

「個人的に、すべての人の目、そして声が私にとってはプレッシャーになりますし、人々の期待はプレッシャーになります。

それを克服するためには練習しかありません。
時には、自分を閉じてしまいたいと感じたくもなりますが、プレッシャーがあることで、強くなっていけると感じています。

大きな期待に応えて、それを超えるものを出していきたいと常に考えています。
きちんと応えていく。100%じゃなくて120%を出していく。

責任は非常に大きいですが、期待に応えて成功を収めた時の達成感は素晴らしいものです」

日刊スポーツ「羽生が初代最優秀「望む結果を出したい」全コメント」より

大きなプレッシャーが、あるんですね。

「100%じゃなくて120%を出す」というところが、ストイックな羽生結弦選手らしくて、頭が下がります。

羽生結弦選手のインタビュー/最優秀選手賞(受賞後)

ホスト役のホワイト夫妻より、受賞者の名前が呼ばれると、羽生結弦選手は、満面の笑みになり、次のようにスピーチしました。

「私たちはアスリートであり、競技をしています。
1人だけでは競技にはなりません。多くのアマチュアスケーターがいて競技は成り立っています。

スポーツの1つとして、毎日の中で私が思っているのは、より強く、よりうまくなろうということ。

今までよりも、1つでも多く、うまく強くなりたい

スケーターとして頑張って、望む結果を出したいと思います。

ファン、コーチに対し、私に期待するものをかなえたい」

日刊スポーツ「羽生が初代最優秀「望む結果を出したい」全コメント」より

スケーターとして、多くの輝かしい実績とキャリアがあっても、今もなお、上を目指す羽生結弦選手。向上心の塊ですね。

ホワイト夫妻より、
「次世代の成功したいスケーターへのアドバイス」を求められると、

「すべてのスケーターは、誰もが表現できると思います。

もちろん違いはありますし、いいアドバイスができるか分かりませんが、フィギュアスケーターとして皆さんに、いい影響を与えられればと思っています」

日刊スポーツ「羽生が初代最優秀「望む結果を出したい」全コメント」より

最後に、ホワイト夫妻より、
「日本で表彰式を視聴していたファンへ、日本語でのメッセージ」を求められると、
羽生結弦選手は、穏やかな声で日本語のメッセージを送りました。

「ここまで見てくださり、ありがとうございました。

皆さんのおかげで、こうやってスケートができていること、そして自分が追い求めるスケートができていることが本当に幸せです。

いつも応援ありがとうございます。

そしてこれからも一生懸命、自分の理想のスケートを追い求めて頑張っていきます。どうか応援よろしくお願いします」

日刊スポーツ「羽生が初代最優秀「望む結果を出したい」全コメント」より

それまで英語で語っていた羽生結弦選手。

「世界の羽生結弦なんだな」「英語で対応、かっこういいな」と思いつつも、日本語が聞きたいな、と思いましたよね。

羽生結弦選手が日本語で話し始めた途端、私達の知っている羽生結弦選手に戻ったようで、うれしかったですね!

「本当にいつもこう思っているんだろうな」という誠実さが伺えるメッセージも、いつもながらよかったです。

羽生結弦選手のコメント/授賞式後

アワード授賞式後、最優秀選手賞を受賞したことに対して、羽生結弦選手のコメントが届いています。

受賞の喜びと感謝の気持ちを現すと同時に、
今現在、世界で起こっているコロナウイルス感染、日本で起こった豪雨災害についての配慮が述べられています。

最優秀選手賞にふさわしいアスリート、羽生結弦選手です。

全7部門の受賞者/受賞者のコメント

最優秀選手賞ほか、全7部門の受賞者です。

  1. 最優秀選手賞
    (Most Valuable Skater)
    羽生結弦(日本)
  2. 最優秀衣装賞
    (Best Costume)
    マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(アメリカ)*FD
  3. 最優秀プログラム賞
    (Most Entertaining Program)
    ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(フランス)
    *RD/アイスダンス
  4. 最優秀新人賞
    (Best Newcomer)
    *シニアデビューの選手が対象
    アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
  5. 最優秀振付師賞
    (Best Choreographer)
    シェイ=リーン・ボーン(カナダ)
  6. 最優秀コーチ賞
    (Best Coach)
    エテリ・トゥトベリーゼ(ロシア)
  7. 生涯功労賞
    (Lifetime Achievement Award)
    カート・ブラウニング(カナダ)

受賞者の喜びのコメントが届いています。

https://twitter.com/ISU_Figure/status/1282036168440401920
ISUスケーティング・アワード2020 受賞者

個人的には、大賛成だったのですが、開催については賛否両論あったようですね。

ですが、こうして、ノミネート者/受賞者の喜びのコメントを聞いていると、開催してよかったんじゃないかな、って思いませんか。

リンク以外の、選手や関係者の生の姿や声が聞けたのも、とても新鮮で楽しかったですよね!

ホスト役のホワイト夫妻が、最後に「See you next year」と締めくくっていましたから、第2回ISUスケーティング・アワード2021も行われる予定ですね!