男女選手/ISU情報

ISUスケーティング・アワード2020オンライン開催/詳細&羽生結弦ほかノミネート者をチェック!

うれしいお知らせです!

コロナウイルス感染拡大の影響により、中止となったISUスケーティング・アワード2020ですが、後に、オンライン開催するとISUより発表があったまま詳細が未発表だったのですが、
2020年6月26日に、ISUより詳細が発表されました。

日程は、2020年7月11日。オンラインにて開催されます。

同時に、最終候補者も発表されています!

ネット投票候補者の中から、誰がノミネートされたのでしょうか?
概要を見ていきましょう!

ISUスケーティング・アワード2020とは?

ISUスケーティング・アワードとは、世界フィギュアスケート選手権2020に出場する選手ほか、コーチや振付師などプログラム構成に携わった方たちを称える目的で、創設されました。

創設されたばかりで、2020年が第一回の開催です。

しかし、世界選手権は中止となった為、対象となる大会は
ISU公認の4大会(※概要に明記)になります。

内容は、簡単に説明すると、
エキシビジョン(EX豪華版)+授賞式のような催し

になるはずだったのですが、

今回の開催は、授賞式が主な内容になるかと思います。

表彰部門は、プログラム・衣装ほか、全7部門です。

・ISUスケーティング・アワード選考委員会により、
ネット投票候補者が選考され、次に、

・一般投票者/メディア投票者/ISU加盟の各国スケート連盟
により、ネット投票が行われ、

ISUスケーティング・アワード選考委員会により、最終候補者3名(功労賞は1名)が選考されています。

そして、2020.7.11のISUスケーティング・アワード2020にて、最優秀賞が発表されます。

ISUスケーティング・アワード2020

ISUスケーティング・アワード2020の日程/概要

詳細がISUより発表されましたので、さっそく見ていきましょう!

【日程】
2020年7月11日23:00~(日本時間)
オンラインにてLIVE配信
(2020年7月11日16:00~(アメリカ現地時間))
 
*日本はアメリカより+13時間の時差があるので、上記の開始時刻がよく理解できないのですが、日本スケート連盟Twitterにもはっきり2020年7月11日23:00開始(日本時間)とありますので、日時はそれで間違いないと思われます!

【開催地】
デトロイト・スケーティング・クラブ(アメリカ・デトロイト)

※ホストを務めるホワイト夫妻(元フィギュアスケート選手)の、選手時代の所属クラブです。

ホストが司会を務め、受賞者が発表されます。

【開催方法】
オンラインにて、配信されます。

【視聴方法】
以下からアクセスし、視聴できます。

ISU公式サイト
YouTube
facebook
Twitter

【ホスト(司会)】
タニス/チャーリー・ホワイト夫妻

【内容】
2019-2020シーズン開催されたISU公認大会のうち、
世界選手権を除く、下記の4大会を対象とし、

・GPシリーズ
・GPファイナル
・四大陸選手権
・欧州選手権

最優秀選手ほか、7部門を表彰します。

【審査方法】
元フィギュアスケート選手で、世界選手権やオリンピックの金メダリストの審査員6名の投票により、決定されます。

The star-studded Jury, who were announced on December 19, 2019, is determining the winner of each category, who will be revealed during the Online ISU Skating Awards.

Athletes, coaches and choreographers will be at the center stage of the show and there will be a few surprises too.

The innovative digital program will be on everyone’s calendar.

Mark it down for July 11, 2020 and visit this page to join in the celebration and watch the Awards live.

ISU公式サイト
「WATCH THE ISU SKATING AWARDS LIVE」より

公式サイトには「受賞者が中心となるステージで、いくつかのサプライズもある」とありますね。

受賞者は、アメリカ・デトロイトの会場に現れるのでしょうか。

サプライズ、って何でしょうね。
すごく楽しみです!

日本スケート連盟 2020.6.25

表彰7部門は?

表彰されるのは、次の7部門です。

  1. 最優秀選手賞
    (Most Valuable Skater)
  2. 最優秀衣装賞
    (Best Costume)
  3. 最優秀プログラム賞
    (Most Entertaining Program)
  4. 最優秀新人賞
    (Best Newcomer)
    *シニアデビューの選手が対象
  5. 最優秀振付師賞
    (Best Choreographer)
  6. 最優秀コーチ賞
    (Best Coach)
  7. 生涯功労賞
    (Lifetime Achievement Award)
    *フィギュアスケート界の模範であり、偉大な実績と人気を誇るレジェンドに贈られる賞です。

最優秀賞ノミネート者は?

ネット投票を経て、最終的にノミネートとなったのは誰でしょうか?
見ていきましょう!

最優秀選手賞

【Most Valuable Skater賞】
男女シングル/ペア/アイスダンスの中から、3名がノミネートです。

日本からは、羽生結弦選手が選ばれています!

  1. ネイサン・チェン(アメリカ)
  2. ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(フランス)
    *アイスダンス
  3. 羽生結弦(日本)
ネイサン・チェン SP「ラ・ボエーム」*GPファイナル2019
ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン
FD「Danny /Find Me / Suspects 」
*GP NHK杯2019
羽生結弦 SP「バラード第1番ト短調/ショパン」
*四大陸選手権2020 *世界最高得点更新

最優秀衣装賞

【Best Costume】
男女シングル/ペア/アイスダンスの中から、3名がノミネートです。

羽生結弦選手が選ばれています!

  1. マディソン・チョック/エヴァンベイツ(アメリカ)*FD
  2. アンナ・シェルバコワ(ロシア)*FS
  3. 羽生結弦(日本)*FS「Origin」
マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(アメリカ)
FD「Egyptian Snake Dance 」*GPファイナル2019
アンナ・シェルバコワ
FS「ピアノ曲「6つのグノシエンヌ」より、バレエ「火の鳥」より
*GPファイナル2019
*中盤、衣装が紫から赤色に変わります!
羽生結弦 FS「Origin」*GPカナダ大会2019

最優秀プログラム賞

【Most Entertaining Program】
男女シングル/ペア/アイスダンスの中から、3名がノミネートです。

  1. ケビン・エイモズ(フランス)*SP
  2. エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)*FS
  3. ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(フランス)*RD/アイスダンス
ケビン・エイモズ
SP「The Question Of U (プリンス)」*GPファイナル2019
エフゲニア・メドベージェワ 
FS 映画「SAYURI」より
Memories of Geisha OST *GPカナダ大会2019
ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン RD「TVシリーズ「フェーム」より」
*GP NHK杯2019 *3種目の世界最高得点更新

最優秀新人賞

【Best Newcomer】
男女シングル/ペア/アイスダンスの中から、3名がノミネートです。

韓国のユ・ヨン選手が選ばれていますね。

  1. アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
  2. アレキサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
  3. ユ・ヨン(韓国)
アリョーナ・コストルナヤ
SP「ドラマ「Left Overs 残された世界」より *GPファイナル2019
アレクサンドラ・トゥルソワ
FS「ドラマ「Game Of Thrones」より
Pray、The Night King GPカナダ大会2019
ユ・ヨン SP「映画「ロミオとジュリエット」より」
*GPカナダ大会2019

最優秀振付師賞

【Best Choreographer】
男女シングル/ペア/アイスダンスの振付から、3名がノミネートです。

  1. シェイ=リーン・ボーン(カナダ)
  2. マリー=フランス・デュブレイユ(カナダ)
  3. ローリー・ニコル(カナダ)
羽生結弦 FS「SEIMEI」
*四大陸選手権2020 振付:シェイ=リーン・ボーン 
ネイサン・チェン FS「Rocket Man」*GPファイナル2019 *FS世界最高得点
振付:マリー=フランス・デュブレイユ
宮原知子 FS「シンドラーのリスト」
*GP中国大会2019 振付:ローリー・ニコル

最優秀コーチ賞

Best Coach
男女シングル/ペア/アイスダンスのコーチから、3名がノミネートです。

  1. ラファエル・アルトゥニアン(アルメニア)
    主な指導選手:ネイサン・チェン/マライア・ベル
  2. ブライアン・オーサー(カナダ)
    主な指導選手:羽生結弦/キム・ヨナ
  3. エテリ・トゥトベリーゼ(ロシア)
    主な指導選手:アリョーナ・コストルナヤ/
           アリーナ・ザギトワ
(左)ネイサン・チェン(右)ラファエル・アルトゥニアン
(左)ブライアン・オーサー(右)羽生結弦
(中央)エテリ・トゥトベリーゼ

生涯功労賞

【Lifetime Achievement Award】

フィギュアスケート界の模範であり、偉大な実績と人気を誇るレジェンドに贈られる賞です。

この賞に関しては、ネット投票やノミネートなどはなく、授賞式当日、発表されます。

何名とは書かれていないので、もしかすると1名ではなく、数名の方が受賞されるのかもしれません。

ISUスケーティング・アワード2020/ホストと審査員

記念すべき、第一回ISUスケーティング・アワード2020のホスト役の詳細にをご紹介します。

そして審査員は誰でしょうか?

ホストを務めるホワイト夫妻とは?

フィギュアスケートファンの間では、お馴染みの方です。

お二人とも、元フィギュアスケート/アイスダンスの選手です。

【ホスト(司会)】
タニス/チャーリー・ホワイト夫妻

タニス・ホワイトさんは、トリノオリンピックの銀メダリスト。

チャーリー・ホワイトさんは、トリノオリンピック金メダリスト、GPファイナル5連覇の超一流選手でした。

お二人は選手時代、今回の授賞式開催の「デトロイト・スケーティング・クラブ(アメリカ・デトロイト)」に所属されていました。

この度のISUスケーティング・アワード2020のホスト役を務めることを「とても光栄に思っている」と話されています。

タニス/チャーリー・ホワイト夫妻 2020.6.26

審査員は誰?

審査員を務めるのは、6名の方々です。

カナダ、中国、日本、フランス、ロシア、アメリカより選ばれた、
元フィギュアスケート選手で、世界選手権やオリンピックの金メダリストです。

日本からは、安藤美姫さんも選ばれています。

最終ノミネート者の中から、最優秀賞を審査員投票により、決定します。

エリック・ラドフォード(カナダ)

(右)
元アイスペア選手。
パートナー:メーガン・ドュアメル
ソチOP団体銀メダリスト。世界選手権で2度優勝。

ルー・チェン(中国)

(中央)
元女子シングル選手。
リレハンメルOP・長野OPの銅メダリスト。

安藤美姫(日本)

(中央)
元女子シングル選手。
世界選手権で2度の優勝。

スルヤ・ボナリー(フランス)

元女子シングル選手。
世界選手権、3度の銀メダリスト。

タチアナ・ナフカ(ロシア)

(左)
元アイスダンス選手。
パートナー:ロマン・コストマロフ
トリノOPの金メダリスト。世界選手権で2度優勝。

トッド・エルドレッジ(アメリカ)

(右)
元男子シングル選手。
世界選手権優勝。全米選手権6度優勝。

ISUスケーティング・アワード2020の開催意義

開催は、まだもう少し先かと思っていましたが、急に決定しましたね。

フィギュアスケートのシーズン(7月1日~)に入ると、新シーズンのプログラム構成などで、選手たちは忙しさが増しますし、きっといいタイミングですね。

現在、コロナウイルス感染の影響で、選手をはじめ関係者の方々は、何かとご苦労が多いかと思います。

ISUスケーティング・アワード2020を、オンラインにて、改めて開催することにした経緯を、ISUは、公式サイトで次のように述べています。

The Figure Skating season was cut short because of the COVID-19 pandemic which led to the cancellation of the ISU Skating Awards show, due to take place on the final day of the ISU World Figure Skating Championships 2020 in Montréal (CAN).

However, in this tumultuous environment of uncertainty, it is more important now than ever to get together and honor the athletes, coaches and choreographers that have worked so hard.

The ISU Skating Awards will be an opportunity to celebrate Figure Skating and put athletes back at the center stage.

ISU公式サイト
「WATCH THE ISU SKATING AWARDS LIVE」より

要約すると、

「世界選手権2020及びスケーティング・アワードが中止となり、シーズンは短くなって終わってしまいました。

しかし、コロナウイルス感染拡大の影響で、先が見えない不透明で混沌とした環境にいる今だからこそ、これまで以上に重要なことは、
一年間、ハードに働き、頑張ってきた選手、コーチ、振付師を皆で称えることです。

そして、ISUスケーティング・アワードは、フィギュアスケートを祝い、盛り上げ、選手たちをセンターステージに戻すための機会になります。」

とあります。

きっと、現在、コロナウイルス感染拡大の影響で、練習もままならない、大会が開催されるかも確定していない不安の中、懸命に頑張っている選手ほか関係者の方々を元気付けたい、後押ししたい、ということですよね。

素晴らしい開催意義ですね。

ぜひ、このISUスケーティング・アワード2020を、みんなで盛り上げましょう!

2020年7月11日、楽しみましょうね!

新情報など入りましたら、随時、お知らせいたします。

ノミネート者の声(Twitter)

最後に、SNSにノミネート者の声が上げられていますので、ご紹介します。

https://twitter.com/ISU_Figure/status/1279339166866845697
アレクサンドラ・トゥルソワ選手 2020.7.4
エフゲニア・メドベージェワ選手 2020.7.3
エテリ・トゥトベリーゼ(コーチ) 2020.7.2