プログラム曲/歴代得点

【フィギュア女子/2019-2020プログラム一覧】紀平梨花ほか振付&コーチも合わせて。


2019-2020シーズン女子シングルプログラム曲/振付/コーチをまとめました。

主に、主要大会上位の選手ピックアップしました。


その他、人気振付師 シェイ=リーン・ボーンさんプログラム曲の傾向、衣装についても触れています。

興味のある方は、ぜひご一読下さい!

2019-2020フィギュア女子/プログラム曲・振付師・コーチ

2019-2020女子シングルのプログラム曲/振付/コーチをまとめました。

10名の選手のをピックアップしています。

選手/プログラム曲/振付/コーチ
アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)

(SP)ドラマ「Left Overs 残された世界」より
振付:ダニエル・グレイヘンガウス

(FS)3曲を編集
①映画「ニュームーン/トワイライトサーガ」より、The Meadow
②映画「トワイライト~初恋~」より、
Eyes on Fire
➂Super Massive Black Hole(ミューズ)
振付:ダニエル・グレイヘンガウス

コーチ:エテリ・トゥトベリーゼ他
アンナ・シェルバコワ(ロシア)

(SP)映画「パフューム」より、
The girl with the plums
振付:ダニエル・グレイヘンガウス

(FS)
①ピアノ曲「6つのグノシエンヌ」より第1番
②バレエ「火の鳥」より
振付:ダニエル・グレイヘンガウス

コーチ:エテリ・トゥトベリーゼ他
アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)

(SP)組曲「ペールギュント作品23」より
ソルヴェイグの歌
振付:エテリ・トゥトベリーゼ
(FS)ドラマ「Game Of Thrones」より
Pray、The Night King
振付:ダニエル・グレイヘンガウス

コーチ:エテリ・トゥトベリーゼ
紀平梨花(日本)

(SP)ブレックファスト・イン・バグダット
振付:シェイ=リーン・ボーン
(FS)international angel of pease
振付:トム・ディクソン

コーチ:濱田見栄、田村岳斗他
樋口新葉(日本)

(SP)バード・セット・フリー
振付:シェイ=リーン・ボーン
(FS)ポエタ
振付:マッシモ・スカリ

コーチ:岡島功治、佐藤紀子
坂本花織(日本)

(SP)No Roots
振付:シェイ=リーン・ボーン
(FS)映画「マトリックス」より
振付:ブノワ・リショー

コーチ:中野園子
宮原知子(日本)

(SP)エジプト調ヒップホップ
振付:ブノワ・リショー
(FS)シンドラーのリスト
振付:ローリー・ニコル

コーチ:濱田見栄、田村岳斗他
ユ・ヨン(韓国)

(SP)映画「ロミオとジュリエット」より
O Verona

振付:トム・ディクソン
(FS)映画「エビータ」You Must Love Me
振付:シェイ=リーン・ボーン

コーチ:タミーガンビル、濱田美栄
エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)

(SP)エクソジェネスシス(脱出創世記)より
交響曲第3部「あがない」
振付:ジェフリー・バトル、イリヤ・アベルブフ

(FS)映画「SAYURI」より
Memories of Geisha OST
振付:シェイ=リーン・ボーン

コーチ:ブライアン・オーサー他
アリーナ・ザギトワ(ロシア)

(SP)Me Voy(ヤスミン・レヴィ)
振付:エテリ・トゥトベリーゼ
(FS)オリジナル「クレオパトラ」
2曲を編集
①映画「アラビアのロレンス」序曲、
②映画「最後の誘惑」より

振付:ダニエル・グレイヘンガウス

コーチ:エテリ・トゥトベリーゼ、
セルゲイ・デュダコフ
ブレイディ・テネル(アメリカ)

(SP)Mechanisms&Chronos
振付:ブノワ・リショー
(FS)ニュー・シネマ・パラダイス
振付:ブノワ・リショー

コーチ:デニス・マイヤーズ他

女子シングルの2019-2020シーズンは、シニアデビューのロシア3選手が大活躍でした。

アリョーナ・コストルナヤ選手、
アンナ・シェルバコワ選手、
アレクサンドラ・トゥルソワ選手
は、
いずれも、総合点/FPで、女子歴代記録を塗り替えています。

そういった意味でも、3選手のプログラムは、歴史に残るでしょう。

個人的には、アリーナ・ザギトワ選手の「クレオパトラ」が好きです。

アリーナ・ザギトワ選手のプログラムは、いつも、プログラムの世界観がうまく表現されています。

ジャンプなどの技術的な部分と、
表現力などの演技構成の部分が、
自然に繋がっている印象で、流れがスムーズで引き込まれます。

衣装もあでやかでステキですよね!

人気振付師/カナダのシェイリーン・ボーンさん

シェイ=リーン・ボーンさんは、
元アイスダンス選手で、世界選手権、GPファイナルで優勝経験もある有名な選手でした。

2007年から振付師として活動しています。

きっかけは、プロ転向後の荒川静香さんの依頼が始まりでした。

以降、
男子/高橋大輔さん、羽生結弦選手、
   ネイサン・チェン選手

女子/鈴木明子さん、
   エフゲニア・メドベージェワ選手、
紀平梨花選手

ほか、多数のトップクラス選手の振付を担当し、男女ともに大人気の
世界的振付師となりました。

現在は、コーチとしても活動されています。

プログラム曲の傾向、衣装について

このシーズンも、選手、振付師、コーチの方々は素晴らしいプログラムを作り上げてくれましたね!

最近のプログラム曲の傾向として、女子も男子と同様、クラシックだけでなく、ポップスほか多彩なジャンルが選曲されています。

ボーカル入りも多くなりました。

そして、女子の場合、なんと言っても衣装が目を引きますよね!

きらびやかで華やかなものが多く、観客の目を楽しませてくれます。

また、衣装はプログラムの世界観を現していますから、選手の演技を盛りたて、魅力的に映し出す大切な要素の一つです!