フィギュア観戦

国内フィギュア観戦ツアー/チケット付の概要と料金&個人手配と比較も!どっちがお得?

フィギュアスケートは、今、日本で空前の大ブーム!

生で観戦したくても、チケットは中々入手できませんよね。

普通にネット申込みする以外に、
手に入れる方法ないのかなあ、なんて考えてしまいますよね。

実は、チケットを入手する方法が、もう一つあるのです。

それは、大手旅行会社が主催する
「フィギュアスケート観戦ツアー」への参加です。
これなら始めからチケット付き!

しかし、このツアーも人気らしく、申込みが殺到するらしいのですが、候補に加えてみるのもあり!かと思います。

観戦ツアー申込み受付は、チケット申込みと同時期です。

詳細を調べてみましたので、ご参考下さい!

今回は、国内で毎年行われる大会として、GPシリーズNHK杯について調べてみました。

フィギュアスケート観戦ツアーについて

大手旅行会社が、
例年主催しているフィギュアスケート観戦ツアーは、ホテル代+観戦チケットが含まれるものになります。
(旅行会社により、現地までの乗物チケットが付いている場合も)

基本的に現地集合です。
ですので、開催地がお住まいの都市であっても購入可能です。

2020-2021シーズンは、大会開催が未定のため、販売も未定です。

ただ、内容は毎年それほど変わりません。

今回は、2019-2020シーズンの観戦ツアーの詳細を、参考としてまとめてみました。

観戦ツアーを主催している旅行会社は?

調べたところ、
2019-2020シーズンのNHK杯は、JTB、近畿日本ツーリストの2社から販売されたようです。

どちらも、
日程と金額(観戦種目と席の種類)に、それほど差がなかったので、
今回は、JTB主催の観戦ツアーについてご案内します。

※JTB公式サイト
「NHK杯2019フィギュアスケート観戦ツアー」を参考にしています。

NHK杯フィギュアスケート2019観戦ツアーの料金ほか詳細

2019-2020シーズンのNHK杯は、北海道で開催されました。

NHK杯 国際フィギュアスケート競技大会
「JTB全日程観戦チケット付観戦ツアー」

会場:真駒内セキスイハイム
アイスアリーナ(札幌市)

日程 2019年11月22日~11月24日
2泊3日
観戦種目 全種目
(アイスダンス/ペア/
女子シングル/男子シングル)
のSP/FP/エキシビジョン
席の種類 S席(3日間すべて)
ツアーに
含まれるもの
ホテル代、観戦チケット代、

往復送迎バス代(ホテル~会場間)、大会プログラム、

ツアーオリジナルグッズ

※現地集合。現地までの飛行機・新幹線代は含まれません。
旅行代金 (札幌エクセルホテル東急)

2泊朝食付き
シングル1名1室利用

116,000円

※部屋のタイプは、ダブル1名1室利用も可。
代金は多少上がるかも。


チェックイン:14:00
チェックアウト:11:00
(ホテルソルトリニティ札幌)

2泊朝食付き
シングル1名1室利用

119,000円

チェックイン:14:00
チェックアウト:11:00
最小催行人数 30~40名くらい
(すみません、定かではありません)

*ホテル~会場までの往復送迎バス付き
*最終日は、
JR札幌駅or新千歳空港行きバスの利用も可能

現地集合の場所は、宿泊ホテルです。
ホテル内のツアーデスクにて、
観戦チケット受取りなどの受付をします。

※現地集合なので、
開催地から離れた場所にお住まいの方は、別途、飛行機・新幹線代がかかります。

その場合のチケットの手配ですが、
希望すれば、主催のJTBで受付可能ではないかと、個人的には思うのですが。

気になる方は、JTBツアーデスク
(観戦ツアーサイトに掲載)までお問い合わせ下さいね。

観戦ツアーのポイント

行われる全種目とエキシビジョンまで観戦できるなんて、まさにフィギュアスケート漬けの3日間ですね!

席は「スタンドS席」ですが、まずまずの席ではないでしょうか。

ホテルと会場までの、往復送迎バスが付いているのがいいですね。
帰りは、大会終了時刻が遅くても安心していられます!

バスは、開場時刻に合わせて運行されますので、大会開始前にグッズ購入も十分できますね。

*ポイント*

全日程、全種目の観戦チケット付き

②席はS席(全日程)
*いわゆる
「3日間の通しチケット」と思われます。

➂ホテルは、札幌市内中心地
(2つのホテルから選べる)

④ホテル~会場までの往復送迎バス付

⑤最終日は、
JR札幌駅or新千歳空港行きのバスも利用可能

大会プログラム
ツアーオリジナルグッズ付き

観戦ツアー申込みについて

申込み受付日などの情報は、
JTBツアー公式サイトか、NHK杯公式サイトを、逐一チェックします。

2019年は、
8月23日にNHK杯公式サイトから発表されています。

同時期に、JTBからも発表されているのではと思います。

(抽選申込み受付期間)
2019年8月30日~9月6日

(申込み方法)
JTB観戦公式ツアーサイトより、
ネット申込み

(抽選結果)
2019年9月10日18:00~
JTB観戦ツアー公式サイトにて発表

最小催行人数が不明なのですが、たぶん30~40名ほどかと思います。

毎年かなりの競争率になるようです。

ただ、キャンセルが出るなどして、2回目の抽選受付を行う場合もあるようです。

抽選に外れたとしても、諦めないで下さい。
チャンスは2度あるかもしれませんよ!

観戦ツアーと個人手配は、どっちがお得?

観戦ツアー料金は、

116,000円(札幌エクセルホテル東急)
119,000円(ホテルリソルトリニティ札幌)

ということですが、皆さんは、この料金どう思われますか?
高く感じますか?安く感じますか?

管理人は「うわ、たかっ」と思いました。

なんでこんなに高いの?お得なのかな?と少々疑問ですよね。

そこで、
個人でチケットとホテルを手配した場合の料金と、観戦ツアーの料金を比較してみました!

観戦ツアーで利用するホテルと同じ
「札幌エクセルホテル東急」宿泊の場合、
「アパホテル&リゾート札幌」宿泊の場合、の2つのケースで調べてみました。

なお、
ホテル料金は、2020.11.13(金)、14(土)の想定で(2020.5.24時点)計算しています。

個人手配の料金(観戦ツアーと同ホテルの場合)

【個人手配した場合】
*札幌エクセルホテル東急
(シングル1室1名)

 予約サイト:一休

チケット代 38,000円(通し券3日間)
スタンドS席 
ホテル代 45,090円(朝食なし・2泊)
*75日前まで予約プラン

*別料金
朝食バイキング2,400円(税込)あり
ホテル~会場
までの交通費
地下鉄の場合:
1,740円(往復580円×3日間)

タクシーの場合:
約12,480円(4,160円/日×3日間)

【地下鉄】
中島公園駅ー真駒アイスアリーナ駅 乗換なし

所要時間:38分
(ホテルから最寄駅までは徒歩3分)

【タクシー】所要時間:約16分
大会プログラム代 1,500円前後
(すみません、正確な金額は不明です)
合計 84,830円
(朝食付けると89,630円

タクシーの場合:97,070円
(朝食付けると101,870円)

JTBツアー料金116,000円と比べると、
26,370円(地下鉄利用・朝食付)も安いです!

つまり、
差額26、370円は、チケット手配料みたいなものですかね。


それぞれの特徴を同条件で比べると、

  JTB
観戦ツアー
個人手配(地下鉄)
*札幌エクセルホテル東急
個人手配(タクシー)
*札幌エクセルホテル東急
料金合計
(同条件・朝食付)
116,000円 89,630円 101,870円
ホテル~会場
までの交通
往復送迎バス

楽チンで安心
地下鉄

安いが面倒

遅い時間は不安
タクシー

予約ないと捕まらない可能性も

公式プログラム ツアーに含まれる 会場で購入 会場で購入

 

個人手配の料金(ビジネスホテルの場合)

【個人手配した場合】
*アパホテル&リゾート札幌
(シングル1室1名)

予約サイト:ホテル公式サイト

チケット代 38,000円(通し券3日間)
スタンドS席 
ホテル代 9,400円(朝食なし・2泊)
*素泊まりプラン

*別料金
朝食バイキング 1,600円(税込)あり
ホテル~会場
までの交通費
地下鉄の場合:
1,740円(往復580円×3日間)

タクシーの場合:
約12,480円(4,160円/日×3日間)

【地下鉄】
中島公園駅ー真駒アイスアリーナ駅 乗換なし

所要時間:38分
(ホテルから最寄駅までは徒歩3分)

【タクシー】所要時間:約16分
大会プログラム代 1,500円前後
(すみません、正確な金額わかりませんでした)
合計 50,640円(朝食付けると53,840円

タクシーの場合:61,380円
(朝食付けると64,580円)

JTBツアー料金116,000円と比べると、
62,160円(地下鉄利用・朝食付)も安く、半額以下です!

それぞれの特徴を同条件で比べると、

  JTB
観戦ツアー
個人手配(地下鉄)
アパホテル&リゾート札幌
個人手配(タクシー)
アパホテル&リゾート札幌
料金合計
(同条件・朝食付)
116,000円 53,840円 64,580円
ホテル~会場
までの交通
往復送迎バス

楽チンで安心
地下鉄

安いが面倒

遅い時間は不安
タクシー

予約ないと捕まらない可能性も

公式プログラム ツアーに含まれる 会場で購入 会場で購入

 

まとめ

料金は、個人手配のほうが、かなり安いですね。

しかもアパホテル(品質は◎)などのビジネスホテルを利用すると、
ツアー料金の半額以下になります。

手間はかかりますし、送迎バスはありませんが、料金は大事なポイントです。

観戦ツアーの最大のメリットは、
言うまでもありませんが、チケットが確定していることです!

送迎バスも魅力です。
なんといっても移動が楽で安心なのはメリットです。

大会の終了時刻は遅いので、
(2日目は22:00頃)地下鉄を利用したり、タクシーを捕まえるのは大変ですから。

どちらにもメリット、デメリットがありますね。

どちらも抽選が当たればの話にはなるのですが、申し込まないことには当選もありません!

申込むのは無料です。
チケット申込み、トライしてみませんか!