スポーツ選手

新谷仁美のプロフィールと経歴は?引退理由は?復帰はお金のためだった?

ユニークな発言と明るいキャラクターで大人気の、陸上競技の新谷仁美選手。

そんな新谷仁美選手ですが、陸上選手としては超一流で、数々の記録と優秀な戦績を誇っています。

東京オリンピック・女子10000mでメダルを期待されている新谷仁美選手の、プロフィールと経歴引退理由復帰理由を調査しました。

新谷仁美のプロフィール

新谷仁美選手のプロフィールです。

新谷仁美(にいや ひとみ)

生年月日: 1988年2月26日 (年齢 33歳)*2021年5月現在
出身地:岡山県総社市

身長:165cm
体重:44kg
血液型:AB型

職業:女子陸上競技選手
種目:1500、3000、5000、10000、ハーフマラソン、マラソン

新谷仁美選手は、3人兄妹の末っ子として、岡山県都窪郡山手村(現在の総社市)で生まれ育っています。

新谷仁美の経歴(小学校~高校時代)

それでは、新谷仁美選手の経歴を見ていきましょう。

新谷仁美の経歴(小学校と中学校時代)

まずは、新谷仁美選手の小学校時代と中学校時代経歴です。

小学校時代の新谷仁美選手は「走ることが大好きで、何かあれば走っていた」と当時の恩師が語っています。

そして、小学校時代の新谷仁美選手、スポーツ万能少女だったそうです。

小学3年でサッカーを始め、他にもバスケットボール、水泳、卓球、テニスと、あらゆるスポーツに親しんだ。そして、どの競技でも才能を発揮したという。

引用元:国際オリンピック委員会

小学校時代の新谷仁美選手、幅広くスポーツをこなしています。

新谷仁美選手は、もともと運動神経が良いのでしょうね。

そして、新谷仁美選手は中学校に(総社東中学校)に進学し、陸上部で長距離を選択。

総社東中学校では陸上部に入り、長距離を専門に取り組んだ。

ただし走ることに専念したわけではなく、並行してバトントワリングも始めた。スポーツを楽しみながらも、それほど競技に執着しなかった少女時代がうかがえる。

引用元:国際オリンピック委員会

新谷仁美選手、陸上だけでなく、バトントワリングもしていたのですね。

中学時代の新谷仁美選手は、陸上一本という感じではなく、色々なスポーツを楽しんでいたようですね。

新谷仁美の経歴(高校時代)

新谷仁美選手の高校時代経歴です。

中学を卒業した新谷仁美選手は、岡山県にある陸上の名門校、興譲館高等学校に進学しています。

新谷仁美選手の経歴(高校時代)

2003年~2005年 興譲館高等学校時代、全国高校駅伝に3年連続出場(3年生は全国優勝)
*エース区間と言われる第1区で3年連続区間賞

2005年 インターハイで3000mに出場し、優勝
世界女子ユース3000mで銅メダル

2006年 横浜国際女子駅伝でアンカーを務め区間賞、チームは3位

新谷仁美選手、高校時代は陸上に邁進し、数々の記録と輝かしい成績を収めています。

高校入学時は、まだ無名だった新谷仁美選手ですが、高校1年生で出場した「全国高校駅伝」で、エース区間と言われる第1区で区間賞を獲得し、一躍全国に名を馳せました。

↓全国高校駅伝の新谷仁美選手画像
そして翌年、翌々年も1区を走り、自身の記録を更新し続け、新谷仁美選手は、”駅伝の怪物”と称されるようになりました。

すごいですね。

新谷仁美の経歴(実業団時代)

新谷仁美選手の、実業団時代経歴です。

高校で全国レベルの選手になった新谷仁美選手は、卒業後は大学には進学せず、実業団に入社します。

新谷仁美選手は、高橋尚子さん(シドニー五輪女子マラソンの金メダリスト)に憧れていたことから、小出義雄(高橋尚子さんの元コーチ)さんのいる豊田自動織機(佐倉アスリートクラブ)を選んだようです。

↓実業団時代の新谷仁美選手(右端)と小出義雄さん画像
高校までは、走ることが大好きだった新谷仁美選手ですが、この実業団時代に意識が変化。

当時は「笑顔が似合うマラソンランナーになりたい」と語った一方で、「走ることが仕事」という職業意識もすでに持っていた。

引用元:国際オリンピック委員会

新谷仁美選手、現在も「走るのは大嫌い。走るのは仕事」だと明言しています。

新谷仁美選手の経歴(実業団時代)

2006年4月 豊田自動織機(佐倉アスリートクラブ)女子陸上部に入部(監督は小出義雄)し、
マラソン大会を含む様々な陸上競技大会に出場。

高橋尚子(元マラソン選手)の再来と言われる。

2012年 ロンドンオリンピックに出場(10000m:9位)
2013年 世界陸上モスクワ大会に出場(10000m:5位)
2014年1月 現役を引退

2014~2018年 都内の会社に勤務

2018年6月 復帰(所属:NIKE TOKYO TC、コーチ:横田真人)

2020年1月 積水化学女子陸上競技部(セキスイフェアリーズ)に移籍

2020年12月 東京オリンピック選考会を兼ねた日本陸上競技選手権長距離種目(長居陸上競技場)の10000mに出場し、日本新記録で優勝
東京オリンピック女子10000mの出場選手に内定

日本女子陸上選手として様々な記録を打ち立て、輝かしい経歴を持つ新谷仁美選手。

そんな新谷仁美選手ですが、一度、現役を引退し、3年半後に競技に復帰しています。

復帰した新谷仁美選手は、OL時代に増えた体重を削ぎ落とし、横田真人コーチとともに練習に励み、見事、東京オリンピック出場選手に内定

新谷仁美選手にとって東京オリンピックは、2度目のオリンピックということになります。

新谷仁美が引退した理由は?

輝かしい記録を打ち立て、オリンピックにも出場した新谷仁美選手。

しかし、世界陸上モスクワ大会(2013年)の10000メートルに出場し、5位入賞(自己ベストを更新)の快挙を成し遂げたレースを最後に引退を表明

↓新谷仁美選手の引退会見画像
新谷仁美選手は25歳で現役を退いたのですが、引退したのはなぜだったのでしょうか?

新谷仁美選手は当時を振り返り、引退した理由を次のように語っています。

一番の理由は、右かかとの足底筋膜炎が完治しなかったことです。

医師からは「手術をしても、治るかどうかは五分五分。完治したとしても、リハビリを含めると1年間は走ることができない」と言われました。

当時も今も、陸上競技は私にとって“仕事”なので、1年間も商品価値がなくなるということは、モチベーションにも影響します。
やはり走って結果を出してこそプロのアスリートだと思うので、どんな理由があっても休みたくなかったんです。

引用元:ヤフージャパン・酒井政人

新谷仁美選手の一番の引退理由は、右かかとの故障(足底筋膜炎)のようです。

新谷仁美選手は「手術を受けて完治したとしても1年間は走れない」という状況に、モチベーションを持ち続けることが難しいと判断したのでしょう。

↓世界陸上モスクワ大会(2013年)の新谷仁美選手画像
そして、当時の新谷仁美選手は、

さらに、当時の私は25歳だったので、そろそろ次の道に進んでもいいのかなという気持ちもありました。

陸上以外の世界を知らなかったので、どのようなものか興味があったんです。

引用元:ヤフージャパン・酒井政人

当時、25歳だった新谷仁美選手は、陸上以外の世界にも興味を持ったのですね。

これまで陸上一筋だった新谷仁美選手。

20代半ばに、このような心境の変化が訪れたのは、ごく自然なことのように思います。

新谷仁美選手は、世界陸上モスクワ大会(2013年)を、最後の舞台にしようと心に決めていたのですね。

引退は、色々と考えての決断だったようです。

新谷仁美の復帰理由はお金のため?

右かかとの故障、そして陸上以外の世界を見てみたいという理由から、25歳で現役を引退した新谷仁美選手。

引退後、新谷仁美選手は東京都内の会社に務め、OL生活を送ります。

その間、全くトレーニングはせず、食べては寝ての繰り返しで体重は13kg増えたそう。

新谷仁美選手は、いくつかのチームの誘いにも応じることなく、3年半の間、OLとして過ごします。

そんな新谷仁美選手でしたが、2017年にNIKE TOKYO TCと契約し、現役復帰を果たします。

↓現役復帰し、4年ぶりに大会に出場した新谷仁美選手画像
新谷仁美選手が、競技に復帰した理由は何なのでしょうか?

「アスリートは走るのが好きみたいに思われますが、私、全然そういうのじゃないんで。
単純に復帰したきっかけは、OLで稼ぐより、走るほうが給料がよかったから。それだけです」

引用元:リアルスポーツ

新谷仁美選手、復帰した理由「OLより、走るほうが給料がよかったから」と発言。
歯に衣着せぬ、新谷仁美選手らしい発言ですが、↓こんな風にも語っています。

率直に言うと“おいしい話”だと思ったんです。
オフィスで働いていた3年半は全くトレーニングをしていなかったんですが、過去の実績で契約を決めてもらえました。

実は「やっぱり陸上の方がいいな」という思いは引退後、終始抱いていました。

苦手なエクセルやパワーポイントと違って、陸上はやり方を知っています。
オフィスでプレゼン資料を作るよりも、陸上で日本のトップレベルの力に戻す方が楽なんじゃないかと思ったんです。

引用元:ヤフージャパン・酒井政人

新谷仁美選手、引退後も陸上への思いを抱き続けていたのですね。

苦手なオフィス業務に励むよりも、得意な陸上でもう一度輝くほうが楽なのではないか、と考えた新谷仁美選手。
新谷仁美選手が復帰した理由は、

・違う世界に入って改めて「陸上のほうがいい」と思ったこと
「陸上で日本のトップレベルに戻して輝きたい」
と考えたこと
OLより陸上選手の方が給料が良かった

主にこの3つのようですね。

「走るのは大嫌い」と発言している新谷仁美選手ですが、やっぱり陸上が好きなのでしょうね。

そして復帰後、陸上のトップレベルに帰り咲き、見事、東京オリンピック出場選手に内定した新谷仁美選手。

一度、他の世界に行ったからこそ気づいた、陸上の良さと陸上への思い。

新谷仁美選手の25歳の時の引退の決断は、決して無駄ではなかったということですね。

信頼のおける横田真人コーチと挑む東京オリンピック。

東京オリンピックでの新谷仁美選手の活躍が、とても楽しみです!