ドラマ

松嶋菜々子ドラマ【やまとなでしこ特別編】キャスト、あらすじ、名言、主題歌まとめ。

「やまとなでしこ」20周年特別編
2020.7.6 21:00~第一夜放送

伝説の高視聴率ドラマ「やまとなでしこ」は、

今から20年前の2000年10月に松嶋菜々子主演で、主題歌「Everything」(MISIA)とともに大ヒットした、フジテレビの月9ドラマです。

まさか、いきなり同じ時間帯の月曜9時、ゴールデンに復活するなんて!嬉しい限りですね。

当時、大人気だった、若かりし頃の松嶋菜々子さんは、とにかくキレイでかわいくて、必見です。

相手役の、当時はまだ俳優として認知度が低かった堤真一さんが、ぼくとつで純粋な役柄を好演しているのも注目です。

名言もたくさん出たこのドラマ、見処がたくさん。

「やまとなでしこ」が懐かしい世代の方々、若い世代の方々も、きっと楽しめると思いますよ!

「やまとなでしこ」20周年特別編/放送日時

「やまとなでしこ」20周年特別編
2周連続放送

7月6日(月)21:00~22:48
第一夜「ずっと探してた人」

7月13日(月)21:00~22:48
第ニ夜「いつか王子様が」

キャストほか

【キャスト】
主演:松嶋菜々子
堤 真一
矢田亜希子
筧 利夫
須藤理彩
東 幹久
森口瑤子
西村雅彦 ほか

【脚本】
中園ミホ/相沢友子

【主題歌】
MISIA「Everything」

あらすじ

主人公の神野桜子(松嶋菜々子)は、キャビンアテンダント。

理想の結婚相手を探すため、合コンに励む毎日。

桜子の理想の結婚相手の判断基準は、お金と財産をどれだけ持っているか。

その美貌から、言い寄ってくる男も多いものの、桜子の理想は高く、なかなか運命の出会いはやって来ない。

そんな桜子に、合コンで運命の出会いが訪れる。
無理やり合コンに誘われ、やってきた中原欧介(堤真一)。欧介は、数学者になる夢をあきらめ、小さな魚屋を母と営む、恋愛に臆病な35歳独身男。

欧介を医者でお金持ちだと思い込んだ桜子は、欧介に接近。2人はデートを重ねるが・・。

小さい頃に貧乏をしたトラウマから「愛よりお金」が信条で「玉の輿に乗れば幸せになれる」と思っていた桜子が、欧介との出会いから、本当の幸せとは何か、に気付いていくロマンチック・ラブコメディー!

とにかく可愛い松嶋菜々子!

名言がたくさん!

ドラマ「やまとなでしこ」には、松嶋菜々子演じる桜子が放つ名言がたくさんあります。

例えば、
合コンで出会った、王子様かもしれない男性には、桜子の決めゼリフ

たった一人の人に巡り会えた気がする

ほかにも、

「恋っていうのは、人間ごときにするもんじゃなくて、お金にするものなの」

いちばんの名言、名ゼリフは、最終回、欧介に向かって言う、
このセリフです。

私には見えるんです。10年後も20年後も、あなたのそばには私がいる。残念ながら、私はあなたといると幸せなんです

「やまとなでしこ」最終回

お金がいちばん大事で、玉の輿に乗りさえすれば幸せになれると思っていた桜子が、最終回、お金持ちじゃない欧介に、このセリフを言うようになるまで、どんなのストーリーがあったのでしょうか!

主題歌は「Everything」

ドラマで流れるMISIAの「Everything」は、当時大ヒット。

女性はみんな、カラオケで熱唱しました。

今でもよく耳にしますよね。カラオケでもよく歌われています。

キュンとする歌詞とメロディーは、今聴いても色褪せない名曲です!