35歳の少女

「35歳の少女」柴咲コウの演技力がすごい!10歳の女の子にしか見えないと絶賛

日本テレビ「35歳の少女」で、体は35歳だけど心は10歳、という主人公の女の子”今村望美”を演じている柴咲コウさん。

心は10歳のまま、という難しい役柄を見事に演じ、その演技が絶賛されています。

初回の、主人公が泣きじゃくるシーンは、もう10歳の女の子そのもの
思わず、こちらも涙してしまうほど。


柴咲コウさんといえば、超美人で”クールビューティー”なイメージですが、

このドラマでは、大きな目をクリクリとさせ、10歳の女の子(体は35歳)をかわいい表情やしぐさで演じ、新たな一面も見せてくれています。

ツインテールや、ぬいぐるみを抱える姿は超キュート

「35歳の少女」は、そんな柴咲コウさんすごい演技、そして、”かわいい柴咲コウさん”が見られる注目のドラマです。

「35歳の少女」あらすじ

1995年に不慮の事故に遭い、長い眠りについた10歳の少女・今村望美

2020年に目覚めるものの、心は10歳だが体は35歳となり、すべてが変わった世界に戸惑いながらも生きていく成長物語。

引用元:Wikipedia「35歳の少女」

「35歳の少女」柴咲コウの画像

「ツインテール」がかわいい。
この投稿をInstagramで見る

こんな #柴咲コウ さん見たことない⁉️🤭  クールビューティーイメージの柴咲さん🙎‍♀️✨ 今作品では、新たな一面を見ることができちゃうんです😳❣️  #ツインテール #黄色いワンピース #ピンクのポシェット  ぜんぶ望美のトレードマーク🐢🐢🌼 えっ、座長、かわいいが過ぎません??🤦‍♀️💕  #のぞみんコーデ #なんでも似合っちゃう #かわいいは正義 #三十五歳の少女 #日テレ #10月10日スタート #望美起きろ! #望美が起きるまであと12日

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 –

10歳の女の子のピュアな表情
初恋の男の子(今は35歳・坂口健太郎)と妹(橋本愛)に、ひどい言い方で現実を突きつけられ、泣きじゃくる望美(柴咲コウ)。
10歳の女の子にしか見えないピュアな涙に、もらい泣きしそう。すごい演技力です。
ぬいぐるみを抱えている姿が、かわいい。

まとめ

柴咲コウさんが演じる、”体は35歳、心は10歳の女の子”、

クールビューティー柴咲コウさんが、いったいどんな風に演じるのかなあ、と思っていましたが、

さすが柴咲コウさん見事な演技力で、かわいい10歳の女の子になりきっていましたね。

シリアスなようで、実はユニークなドラマ設定の「35歳の少女」。

これからどんな風に、ストーリー展開していくのでしょうか。
楽しみですね。

柴咲コウさんの演技にも注目です!